現在流行中のレトロファッション。時間が作る魅力の真相に迫る。

>

古着やヴィンテージって何が良いの?

若い女性の間で大ブーム 古着の魅力とは?

近年、古着が若い女性の間でブームになっているのをご存知でしょうか?
誰かが着ていた服に袖を通すのは、少なからず抵抗感があると思いますが、古着ならではの良さもあります。
まずは「価格」。ファストファッションと比べると、格段に安いですよね。
経済的に困窮する現代の若者にとっては、最大のメリットと言えます。
そして「他人と被りにくい」という点。古着はファストファッションと異なり、同時期に大量生産をしているわけではありません。その上種類が豊富なので、自分だけのファッション、自分の個性を作ることができるのです。
安い価格で手に入れた古着に自分なりのアレンジを加えることで、個性的なその人だけのユニークファッションを楽しむことができます。

ヴィンテージとは?

「ヴィンテージ」と書かれた商品をショップなどで見かけたことはありませんか?
インテリアやお酒、洋服や貴重品など、さまざまな分野で使われている言葉ですが、一番広く使われているのは、ワイン用語としてでしょう。
「ヴィンテージ」を英語に戻すと「vintage」かなり昔の良質なものという意味で用いられます。ワインはブドウから造られていますが、「ヴィンテージワイン」と呼ばれるのは、単に「年代物」というわけではなく、良質なブドウが収穫された年の極上品のみを指します。同様に、ファッション界で言う「ヴィンテージ」は「年代物でデザインや素材に価値があるもの」を指します。
ヴィンテージ服は他の古着と比べて、値段が高いことがほとんどですよね。
優秀なデザインや良質の素材で作られた服のみが、「ヴィンテージ服」になれるのです。


この記事をシェアする